学科情報 - 総合保育学科先輩インタビュー

在学生の“今”と“これから”!

インターンシップでの経験は大きな自信に。めざすは、子どもたちの可能性を伸ばせる先生!

Q. JONANインターンシップの魅力を教えてください。
A. 現場に出なければわからない“先生の仕事”にふれられること。
インターンシップのある保育系短大は城南だけだと知って入学しました。1年間同じ保育所・幼稚園に通うので、子どもたちの成長を毎週感じられます。年齢によってできることが違うということもよくわかりました!現場で働く先生方の姿を見て、“先生の仕事”は子どもと関わることだけじゃないんだなと実感しました。たとえば清掃なども、子どもの安全を守るための大切な仕事なんですよ。在学中からこんな経験ができて、本当に良かったです!

Q. 将来の目標は、どんな先生ですか?
A. 子どもたちの可能性を大きく伸ばせる先生です!
保育所・幼稚園には、発表会や運動会など、いろいろな行事があります。卒園した後でも「あの行事、楽しかったね」と思い出してくれるような、楽しい行事をつくれる先生になりたいです。インターンシップでも感じたのですが、ある分野にものすごい才能を発揮する子がいたりするんです。行事の練習や毎日の遊びを通して、子どもたちの可能性を伸ばすことができる先生になりたいなと思っています。

1年生(取材時)
大阪府立堺西高等学校出身
住吉山 愛実さん
インターンシップ先:幼稚園